ショッピング枠現金化で確実無審査融資

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化(キャッシュバック)サービスが、今新しいキャッシングサービスの方法として注目を浴びています。これは、審査無しで確実な融資が可能です。

審査無しで確実融資実現

今までのキャッシングサービスの常識を覆す
新しいキャッシングサービスが誕生しました。

それはクレジットカードのショッピング枠を利用した
現金化(キャッシュバック)サービスになります。

審査無しで確実に即日で融資可能なキャッシングサービスのため
今注目を浴びている画期的なキャッシングサービスです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
上場している主要ノンバンク(消費者金融)の2009年4~6月期の連結決算が7日出そろいました。

消費者金融大手4社(アコム、プロミス、アイフル、武富士)はそろって最終黒字を確保し、一方で、クレジットカード大手や信販大手では、4月に発足したセディナが最終赤字となり、明暗がわかれた模様です。

利息制限法の上限を超える利息(過払い金)返還問題や個人消費の低迷もあり、7~9月期以降の業績はなお不透明な状況が続いています。

アイフルが7日発表した4~6月期の連結純利益は、前年同期比73%減の49億円と、キャッシング融資基準の厳格化と貸出金利の引き下げで、利息収入が減少したのが響いています。
営業収益が減ったプロミスとアコムの最終黒字も、それぞれ28%減の86億円、64%減の72億円にとどまりました。

唯一増益となったのが、武富士です。
最終黒字は前年同期の7倍にあたる92億円で、これは、1~3月期に利息返還に備えた引当金を大幅に計上したため、費用負担が軽くなったのが現状です。

しかし、9月にアイフルが、大手では初となる私的整理に着手すると発表があり、大胆なリストラ策を発表しました。

これにより、ますます消費者金融業界の経営の深刻さが、さらに露呈された模様です。

プロミスやアコムは、大手銀行のバックボーンがあり、サービス体制を維持できますが、特に、武富士やアイフルのような独自で資金繰りをしなければならない独立系消費者金融は、大変厳しい状況になっており、新規の融資成約よりも、自社の資金繰りに追われており、成約率は3割に満たない状況となっています。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
管理人の承認後に表示されます
2012/05/09(水) 10:20:12 |
ブログ内検索
リピートの多い現金化サービス
審査なしで確実融資可能
審査なしで確実融資サービス
ランキングに参加中
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。