ショッピング枠現金化で確実無審査融資

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化(キャッシュバック)サービスが、今新しいキャッシングサービスの方法として注目を浴びています。これは、審査無しで確実な融資が可能です。

審査無しで確実融資実現

今までのキャッシングサービスの常識を覆す
新しいキャッシングサービスが誕生しました。

それはクレジットカードのショッピング枠を利用した
現金化(キャッシュバック)サービスになります。

審査無しで確実に即日で融資可能なキャッシングサービスのため
今注目を浴びている画期的なキャッシングサービスです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
キャッシング審査が要求する、融資を望む個人の身分・職業や収入の「安定度」にはかなり広い幅があり得ます。

しかし比較的高額のキャッシングを急に希望するような場合、もっともわかりやすい職業や就業形態といった属性の高さを書類の形で提示できれば審査に問題がないのはいうまでもありません。

申し込みの際には個人を特定できる身分証が必要で、健康保険証や運転免許証、パスポートなどがこれに類します。
健康保険証では、国民健康保険証よりも、勤務先との関係、就業形態などを直接あらわしている公務員共済保険証や社会保険証、組合保険証などがより審査に有利なのはこれもいうまでもありません。

これらの保険証は、概して、自己申告である収入の多寡よりも雄弁に持ち主に融資を受ける資格があることを主張してくれるのです。
スポンサーサイト
キャッシング審査において消費者金融側は、他者利用件数の調査を行います。
その他にも申込者の居住先の在宅確認や、勤務先の在籍確認など、申込者の本人確認の調査があります。

キャッシング審査は、居住年数や勤続年数なども、重要な要素です。
あと、他者利用件数も重要です。
消費者金融側は、自社で調査が出来るのは、居住確認や勤続年数などですが他者利用件数は別の機関に依頼をかけるのです。

別の機関というのが、個人信用情報機関になります。
キャッシング審査では、必要な情報です。
その情報を集め、加盟店などに情報を提供する機関です。

例を挙げると、レイクやプロミス、スタッフィなどは、自動審査を入れているので、申込者の個人情報を入力すれば、自動的に情報機関と繋がり、申込者の個人情報を照らし合わせ、過去の利用件数を調べることができます。
自動審査を導入していない金融会社もありますが、こちらも自動ではないが個人信用情報機関に依頼をかけます。
申込者の申告通りの件数かを、確認するのです。

消費者金融では、この個人信用情報機関・全情連(全国信用情報センター連合会)という機関に加盟し、そこで管理されている外部の情報を得て、キャッシング審査を行っています。

自社だけでは限界があるので、全体で情報のやり取りがキャッシング審査を支えているのです。
キャッシング審査にもいろいろな審査方法があります。

消費者金融では「属性モデル」という、審査方法があります。
この「属性モデル」というのは、過去に利用した顧客リストから申込者と似た生活環境の顧客を捜し出して、その顧客をモデルにして、申込者の利用限度額を決めるというものです。

キャッシング審査のモデル内容は、年齢や住まい、仕事の勤務状態や続年数、他社利用件数など、細かく分けられています。

例えば、プロミスの属性モデルの分け方として、
・属性:32通り
・地域性:11通り
・他社債務状況:5通り
計 1760通りに分けられます。

このモデルの内容が、申込者に1番近いモデルを捜しだし、このモデルの利用状況や利用態度が、優良か悪質かで、申込者の利用限度額が定められるのです。

もしそのモデルが優良であれば、高めに設定されるのですが、悪質ならやはり低くなってしまうのです。

このモデルにも反映しない問題があるとすれば、キャッシング審査は難しいでしょう。

この「属性モデル」のキャッシング審査方法は、捉え方によっては『人は人、自分は自分』と思うかも知れませんが、意外にもモデルと申込者はほとんど類似していて、同じような利用をする傾向にあるそうです。
キャッシング審査において、必ず身分証明書が必要となります。
会社側が本人確認の為、必要不可欠な物なのです。
一言で身分証明と言ってもいろんな物があります。

まずは「運転免許証」と「パスポート」です。
これらは一般的に身分証明書を提示する際に出される物です。

「運転免許証」は特に常時持ち歩いている証明書です。

また、写真付きの証明書なので、キャッシング審査をするのにスムーズに本人確認ができる証明書です。

ですが運転免許証は再交付をしていると、免許証に記載されている番号に再交付回数が記載されます。
再交付が多いと、キャッシング審査では要注意とされているので、申込者にとっては不利な条件です。

後は「健康保険証」です。
こちらは誰でも役所で申請をすれば、無職の方でも持つことが出来る為、キャッシング審査においては、信用度という点では不安があります。
給料明細などの他の書類と共に提示をすれば「健康保険証」でも効果的となります。
「住民票」は「健康保険証」と同じで役所で簡単に代理人でも受け取れてしまうので、やはり信頼性は欠けてしまうのです。

いろいろ本人確認の書類はありますが、キャッシング審査にはこれら書類の2点は必要になります。
キャッシングの審査とは、金融会社が融資をするにあたって、申込者の本人確認をする為に身分証明や安定した収入があるのか確認する為、所得証明などあらゆる書類などで申込者が、融資可能対象者かを決める必要事項です。

審査の重要点として上げられる項目をいくつか紹介します。
・同じ会社に長期で勤続をしている方。
・既婚者であり、子供がいる事。
・自宅に固定電話があること。
所得がある事だけでなく、申込者本人が公共機関などのにおける立場や責任、社会人としての信頼などが追求されます。
キャッシング審査とは、申込者が金融会社に信用を得る為の重要事項なのです。

また、反対に申込者に不利な要素とは、
・独身である事
・安定した収入がない。
・無職である事。
・自宅に固定電話が無い。
・過去に借金をしたことがある。
などが上げられます。

他にも借金をしたことのある方や、滞納頻度があまりにもある方だと、キャッシングするにあたって融資限度額が比較的低くなる事があります。
これらは審査にとって最も重要事項だと言っても過言ではありません。

キャッシングとは、今まで自分が生きてきた人生を、またさらに「信用」という目には見えないもの加えた形で表していると言えます。

いわば「信用の履歴書」という言葉があてはまるのではないでしょうか。
ブログ内検索
リピートの多い現金化サービス
審査なしで確実融資可能
審査なしで確実融資サービス
ランキングに参加中
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。